然・禅~ZEN

zen2438.exblog.jp
ブログトップ

精油について~その①ケモタイプ精油

精油はどこで買うの?100均のものでもいいの?などとよく聞かれます。d0272805_2074960.jpg
私が、最初にアロマに出会ったのがプラナロム社の精油で
その良さと安心感に魅かれ今に至るので、
実は他のメーカーのものを使ったことがありません。
なので比べようがないのですが・・・。

とりあえずプラナロムの精油がいいと思うところ。
『ケモタイプ精油』であること。
(→写真はプラナロムの精油です)

ではケモタイプとは?

植物学名が同じであっても、自然環境や生育地の土壌、気候、収穫時期、抽出方法により
精油の含有成分の割合が大きく異なる場合があります。
そこで、精油に含まれる芳香成分を分析分類したものを『ケモタイプ精油』といいます。

たとえばローズマリー(Rosmarinus officinalis)は、
ローズマリー・シネオール
ローズマリー・ベルベノン
ローズマリー・カンファー
などがあります。学名が同じでも香りや成分は違うのです。
ローズマリー・ベルべノンとローズマリー・カンファーは神経毒性や堕胎作用のあるケトン類という成分を含むため
乳幼児・妊婦・授乳中の産婦・神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者は使用できません。
しかし、ローズマリー・シネオールには含まれないため、禁忌がないのです。

そしてフランス・ベルギーから輸入されるプラナロムの精油は、
日本で厚生労働大臣登録検査機関によって分析され
農薬や酸化防止剤が検出されないかまた含有成分がどのくらいあるのか、
空輸中に劣化していないかなど詳しく検査され
合格した精油が分析表とともに販売されています。
そこまで調べているので、ちょっとお値段もお高いですがなんといっても安心・安全の精油なのです。
[PR]
by zen-2438 | 2012-10-28 00:19 | アロマテラピー